TOPICS

新子宮頸がんワクチン発売について

2011.08.30

子宮頸がん等ワクチン(パピローマウイルスワクチン)は従来、サーバリックスのみでしたが、今回、平成23 年8 月26 日より新しくガータシルが発売になりました。

サーバリックスは子宮頸がんの原因ともなるヒトパピローマウイルス(HPV)16,18 型の2種類に対応していますが、ガーダシルはそれら2種類の HPV に加え、尖圭コンジローマの原因となるHPV6,11 型が加わった4種類の HPV 感染を予防することができます。

ガーダシルは厚生労働省より平成23 年9 月15 日より公費助成の対象に指定されましたが、ガーダシルが公費助成になるかどうかの最終決定は市町村にあるため、現時点では公費助成となるか、また、その時期につきましても不明です。上記詳細が分かり次第HP や院内掲示にてお知らせいたします。

子宮頸がんワクチンについてのご質問・ご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。