風疹の予防接種

★昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性は特に注意。
この時期は男性への風疹の予防接種は実施されていません。
★昭和54年4月2日から昭和62年10月1日生まれの人は男女とも要注意。
この時期は男女共に中学生のときに風疹ワクチンを接種することになりましたが、学校での集団接種ではなく個別に医療機関に出向いて受けることになったため、この期間は男女共に接種率が激減しています。
★昭和62年10月2日から平成2年4月1日生まれの人は、男女とも要確認。
男女共に幼児期に接種する機会があり、接種率は比較的高かったものの受けていない人や1回のみの接種であったので抗体価が低いと思われます。
一度風疹にかかった人の多くは、生涯風疹にかかることはないと言われていますが、子どもの頃風疹にかかったと思われている人の中には、実際には「はしか」や「リンゴ病」など、別の病気であったのをご本人や保護者の方が勘違いしているケースも少なくありません。
ある専門家が風疹にかかったことがあると答えた人の血液検査をしたところ、約半数が実際には風疹ではなかった、という調査結果があります。以前は医師が症状だけで風疹と診断するケースもあったため、診断が間違っていたこともあり得るのです。
「昔1回かかったから、接種を受けたから大丈夫」という「思い込み」にはご注意ください。
また「注射は苦手なのでワクチン接種は嫌だ」、「家族は皆抗体があるから接種しなくても良い」と言われる方も多くいらっしゃいます。
予防接種はご自分の家族を守ると共に、社会から病気をなくすために行います。
現在、茨木市では公費助成もありますので予防接種をしていない、また1回しか受けていない方は風疹の予防接種をしていただくことを強くお勧めいたします。
当院でも大人の方への風疹・MRワクチンの接種を行っています。詳しくは当院ホームページまたは窓口へお問い合わせください。