ノロウイルスは感染力が強く、少量のウイルスで感染します。ウイルスが付いた食物を食べたり、指や物を口に入れたり、またノロウイルスは低温や乾燥に強く長期間環境で生存できるため、空気中に舞っているウイルスを吸い込んだりして感染します。
アルコールはノロウイルスに対して効果がないことから、流水と石鹸による手洗いが予防対策として重要です。
消毒は塩素系消毒薬による消毒と、熱処理をおこないます。特に便や吐物の取り扱いには注意が必要です。
消毒の方法など厚生労働省HPノロウイルスのQ&Aを参考にしてください。 http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/kanren/yobou/dl/040204-1.pdf