大阪府茨木市の小児科医院「すぎた子どもクリニック」。

最新学会情報

ロタウイスルワクチン

予防接種 up to data

下痢・嘔吐・腹痛・発熱などを主症状とするウイルス性胃腸炎の代表がロタ・ノロウイルスです。厚生労働省の報告では年間約900万人がかかっています。特に5歳未満の子供達が多く、中にはけいれんを起こしたり、脱水症状で入院される方もおられます。また、不幸にも亡くなられる方もおられます。
ロタウイルスワクチンは約100カ国以上で用いられており、日本でも現在治験(ある一部の子供達に現在海外で使用されているワクチンを打ちその効果と安全性を見る試験です。)中です。このワクチンが発売されれば、ロタウイルス感染による入院患者数は激減すると思われます。すでに海外ではその効果は証明されています。

Dr.sugita一言コメント

毎年12月ごろにはノロウイルスが、3〜4月ごろにはロタウイルス性胃腸炎で嘔吐・下痢の患者様が増えます。点滴や入院が必要な方も多く見られます。このような状況が減って欲しいものです。
嘔吐・下痢がある場合、吐物や下痢便の取り扱い時にはマスクと手袋を装着し、取り扱い後は必ず石鹸と流水で手洗いをして感染拡大を予防しましょう。また外出後の手洗いも忘れずに。

戻る
オンライン順番予約
携帯電話からでもご予約いただけます。ぜひご利用下さい。
予防接種・乳児健診予約
予防接種・乳児健診予約は専用サイト(主治医ドットコム)をご利用ください。
問診票ダウンロード
すぎた子どもクリニック診療時間
住 所〒567-0035 
大阪府茨木市見付山1丁目1-40-8TEl072-645-7333FAX072-645-7330
リクルート
リンク集

ページの先頭へ戻る