大阪府茨木市の小児科医院「すぎた子どもクリニック」。

最新学会情報

麻しんの流行について

麻しんの感染力は強く、外来待合室で成人麻しん患者と20分同席した4人の小児が麻しんに感染したケースが報告されました。麻しんは空気感染のため、マスク着用や離れているだけでは感染予防はできません。一番の予防は麻しんワクチンの接種です。特に15〜19歳の麻しん抗体価は低くワクチンによる感染予防が必要とされています。

Dr.sugita一言コメント

麻しんの怖い所は発疹が出る前に麻しんと診断することが難しい上、発疹が出る前後が最も感染力が強いことです。そのため感染予防が重要となります。近年、麻しんの流行が無いため、1歳時のワクチン接種だけでは成長するにつれて麻しん抗体が低下していきます。予防接種をしているからと安心はできません。特にお父様、お母様がご自分のお子様から麻しんに感染することがあります、麻しんにかかったことがあるか、予防接種を受けているを確認しておいてください。

戻る
オンライン順番予約
携帯電話からでもご予約いただけます。ぜひご利用下さい。
予防接種・乳児健診予約
予防接種・乳児健診予約は専用サイト(主治医ドットコム)をご利用ください。
問診票ダウンロード
すぎた子どもクリニック診療時間
住 所〒567-0035 
大阪府茨木市見付山1丁目1-40-8TEl072-645-7333FAX072-645-7330
リクルート
リンク集

ページの先頭へ戻る